晴れわたる空に白い雲 君とぼくがいて ~ ASEEDONCLOUD/ Ijujin Socks

千葉の我孫子に、たまいけんたろうくんという少年がいました。

彼が幼稚園で描いた絵本は可愛らしくも驚くほど整った内容で、種のぼうやが色々な動物たちに助けられながら旅をして、

紆余曲折を経てトンビのおかげで辿り着いた雲の上から見た美しい場所に降り立つとそこにはたくさんの花が咲き乱れ、種自身も今までの冒険で得た経験を糧に綺麗な花を咲かせる…というお話です。

この素敵な作品は『くもにのったたね』と題されました。

卒園より幾年、成長した玉井健太郎青年は英国セントマーティンズ美術学校卒業後、現地にてマーガレット・ハウエルのアシスタントを務め、帰国してからはご友人とリトゥンアフターワーズを設立、数年後自らの創作に専念すべく独立します。

ブランド名はASEEDONCLOUD(アシードンクラウド)。
もうお気づきかと思われますが、”A SEED ON CLOUD=くもにのったたね”、です。

ちなみに、正式な表記は”ASEEDONCLÖUD”で、CLOUDの上にウムラウトの種が載っています。

さて、そんな由来もあるように、彼の服作りは文学性に富んでおり、我々の心を捉えて離しません。

当店では初めての取り扱いとなるこの秋冬のテーマは”Ijujin”。

交通インフラの発達や生活様式の変化により、今後の人類の多くは定住型から移住型へと変化していくのではないか、しかし一方で各地の少数民族であったり、過去と変わらずその場に定住する人たちもいるはず、移住型の生活になればこそ彼ら定住人の持つ知恵から学ぶべき点は多いのではないか…

そうした思索は思索の域を超えて拡がっていきます。

狼と共に獣医をしながら移住生活をする女性。

彼女は移住人であるがゆえに固定の文化を持ちません。
故郷も、国籍もありません。

けれどもその移住生活の中で、各地の定住型民族の人たちから、その土地の記憶から様々なことを教えてもらっています。

獣医としては、お連れの狼を通して動物と会話し、またそこで動物たちから多くの学びを得ています。

彼女にとっては人類も動物も同じです。
すべてが対等で、当然そこには国境などと言った境目はありません。

そんな医獣人(Ijujin)の物語…

さて、だんだん話が膨らみ過ぎてブログとして収集がつかなくなってきましたが、これらはすべてつまるところ服の話です。

今季は少数民族の装いに着想し、医療着のエッセンスを注入しがらも洗練された都市の服としてまとめ上げたコレクションとなっています。

とはいえ本格的な秋物衣料にはまだ早いのも確かですし、今回はご挨拶代わりとして靴下をご紹介します。

国内の軍足工場にて生産されており、毎シーズン配色を変えながらも作り続けられているブランドの定番品です。

その繊細なトーンはASEEDONCLOUDならでは。
基本的に3~4色の組み合わせとなりますが、実際は7~9種類の糸を配合し、色調に深みが加えられています。

色名は便宜上最上段の色を指し、

パープル

モスグリーン

イエロー

グレー

と、どれも甲乙つけ難い美しさ。

優しく甘い配色ですので女性向けと思いきや、男女サイズともにご用意しています。

なお、付属品である専用の紙袋も、ロゴをプリント後一度濡らして乾燥させ、風合いを増した手の込んだものです。

余談ながら、世界的種苗メーカーであるサカタのタネの本社屋は、仲町台にございます。

そしてこの辺りは日本屈指のドイツ人が多い地域としても知られています(東京横浜独逸学園も仲町台)が、実は玉井さんも高校時代ドイツで生活していました。

だから何というわけではないものの、不思議なご縁を感じざるを得ません。

それはさて置いても当店のお客さまであれば間違いなく気に入っていただけるであろうASEEDONCLOUDの作品群、これから続く品々も是非ご期待ください。

オンラインストアはこちらです


もう一回 もう一回 ~ EEL Products/ 花火シャツ

残念ながら昨年から無期休止となった神奈川新聞花火大会、しかし並んでハマの夜空を彩る横浜スパークリングトワイライトは今年も健在。
いよいよこの週末、土日に開催されます。
最近始まったイベントかと思っていたら、もう第7回のようですね。

当日の昼は仲町台、夜は港へと、皆様に於かれましては横浜の夏を満喫していただきたいところでございます。

さて、例年通りそんなふうに花火の話から始まってこのシャツのご紹介をば。


EEL Products夏の定番、花火シャツです。

去年までこのシャツはインドの手織り生地カディを使用していましたが、今季はてろんとした薄手のレーヨン生地に変更しています。

レーヨンはアロハシャツでも多く用いられる素材。
先日紹介した同素材のドット柄シャツ同様、蒸し暑い中でも涼しく、灼けた肌に優しく、と、真夏に快適なシャツに仕上がりました。

ゆったりしたサイジング(洗濯によって着丈2cm程度の縮みが発生しますが、それでもサイズ表示に対してゆとりはあります)、シックな色柄で、すでに店頭では人気の商品です。

週末の夜に向けても、そうでなくても、是非今のうちに。

オンラインストアはこちらです→ ネイビーチェック/ ブラウンチェック


かわいた風をからませ あなたを連れてくのさ ~ CURLY/ ADVANCE HS TEE

空梅雨、梅雨明け、夏、と思いきや、梅雨に戻ったのか秋の長雨が始まったのかという有様に意表を突かれました。

とにかく湿度の高さに辟易します。
カラッとしたTシャツでも着ようではありませんか。


CURLYのADVANCE HS TEEは、乾いた肌触りと柔らかな着心地を兼ね備えた五分丈袖Tシャツです。

トルコのエーゲ海に面した地域で栽培された繊維の長い綿を撚った、空紡糸(オープンエンド糸)と呼ばれる糸を編んだ生地で仕立てられています。

空紡糸とは高速回転したローターに繊維束を通し…と書いても何のことやらですので、紡績機の説明動画をご覧いただいた方がイメージしやすいと思います。
このTシャツに使われいる糸がこの機械で撚られたかは定かではありませんが、少なくとも原理はご理解いただけるかと。

動画の1:00くらいの箇所からお楽しみください。

さて、この空紡糸、糸の外側が強く、内側が甘く撚られるという特徴があります。
そのため、表面はカリっと、中はふわっと仕上がるわけです。

そんな糸の特性が、この生地によく活かされています。

基本的に癖のないオーソドックスな路線のデザインでありつつも、両脇に配された三角ガセットが、控えめなアクセントとなっています。

シンプルで着回しやすく飽きがこず、着心地も快適とあらば出番が増えるのは必定でございましょう。
ちなみに、このモデルは女性用(サイズ0)もご用意しています。

店頭、EC両方からどんどんサイズ欠けを起こしていますので、気になる方はお早めにどうぞ。

オンラインストアはこちらです→ ホワイト/ イエロー/ ボーダー(ホワイト×ネイビー)


東京の空の星は見えないと聞かされていたけど ~ HAVERSACK ATTIRE/ ドットプリントオープンカラーシャツ

そろそろ七夕も近くなりましたし、星が瞬く夏の宵空、夜空を彷彿させる水玉のシャツを紹介します。


アロハシャツによく使われるレーヨンの生地で仕立てられた、涼しい開襟シャツです。

かつては人絹とも呼ばれていたように、シルクに近いなめらかでとろみのある質感がレーヨンの特徴。
水分を含有しやすくしっとりした肌触りです。
日焼けした素肌も心地好く撫でてくれることでしょう。

両脇にはパッチポケットが設けられ、機能性のみならずどこか懐かしい雰囲気を生み出しています。

細かい運針や光沢が上品な白蝶貝のボタンなどが生み出す色気は、さすがATTIRE。

この艶やかさゆえに、女性の羽織りものとしても違和感ありません。
標準的な背丈の方でもこのMサイズをさらりとお召しいただけますし、実際店頭では老若男女問わずご好評いただいております。

梅雨が明け夏が始まり、これから8月に向けてますます気温は高まっていきます。
世間様ではもう夏物の時期は終わりだよと言わんばかりですし、毎年過ぎてみれば短い夏だったねと思いがちですが、なんのその実二ヶ月以上は灼熱とお付き合いせねばならないわけです。

夏本番はこれから、まだこうしたシャツを手に入れるのに遅すぎるなんてことはありませんよ。

オンラインストアはこちらです→ ブラウン/ ネイビー


夏の夜のわびしきことは 夢をだにみる程もなく あくるなりけり ~ comm. arch./ Knitted Shorts

梅雨らしからぬ日が続いているなあと思っていたらそのまま明けてしまって、例年より3週間ほど早い夏の到来となりました。

日中の気温も30度を超えることが多くなり、毎日昼からビールを飲みたくなる気持ちを抑えるだけで精一杯です。

短パン姿の方も日に日に増えていますね。

ニット専門ブランドのコムアーチも、実はこんなアイテムを作っています。

トリコット編みのショートパンツです。

腰に紐が通ったイージーパンツでもあり、気楽で爽快な穿き心地を備えています。

グレー(”ダークエレファント”という、ぐるんぱのような名前です)の無地は伸縮性より形態安定性に優れた生地で、洗うごとにこなれ、風合いが増していきます。

一方ストライプ(”オーシャンボーダーズ”)はシアサッカーのポコポコした質感をトリコットで表現した生地です。

こちらは伸びがよく、また乾いた肌触りが真夏の蒸し暑いさなかにも快適さを失いません。

いずれもボタンに貝(マットな裏面を表に使っています)を採用し、

裏地にコットンの布帛をあてて体のラインが出すぎるのを防ぎ、また耐久性を高めています。

ただ快適性だけを追求するのみならず、そこを敢えて全面に押し出さず(しかし快適は快適なまま)大人の街着として成立している、コムアーチらしいショートパンツに仕上がりました。

さあ、今年の夏は長くなりますよ。

オンラインストアはこちらです→ ダークエレファント/ オーシャンボーダーズ


B&O…&…

デンマークを代表する世界的オーディオブランドBANG & OLUFSEN(バング&オルフセン、以下B&O)。

その製品はすべて卓越した機能美を備え、MoMAのパーマネントコレクションにも18の製品が展示されているほど。
少しでもデザインあるいはオーディオに関心がある方であれば、当然その名はご存知でしょう。

で、B&Oがどうした、お前の店はしがない洋品店に過ぎないんだから関係なかろう、そんなお叱り御尤も。

が、お馴染みFACYを通して、そのB&Oと店主が繋がる瞬間が訪れることに。
まさかのタイアップ企画です。

FACY – あの頃の音とこれからの音。〜CDで振り返る90年代とその後のサウンド〜

B&O, &店主。
月とすっぽんとはまさにこのこと。

他にも名の通った大手さんやDJをやっている音楽通のショップスタッフさんなど、FACYさんの規模なら他にいくらでも適した人材は見つかりそうなものですが、果たして店主がB&Oの最新式ヘッドホン”H8i”のレビュワーとして選ばれてしまいました。

それもEuphonicaとして云々でなく、店主個人が中学1年生から現在に至るまでごく私的な音楽遍歴を前振りにしてはあまりに長々と語るという、本人以外だれが得するのかまったく予測できない内容です。
FACYさんの英断に戦慄を禁じ得ません。

なお、本文、いわゆる90年代の音楽史を総括しているのではなく、ごく個人的な遍歴を大雑把に説明しているだけです(結果、話の流れに乗せられず紹介できなかった個人的名盤も多数存在します)。

かつ、そこまでディープではないものの若干偏った内容につき、若い方には馴染みのないであろう固有名詞が連発致します。
ゆえに『なんとなく、クリスタル』を彷彿させる注釈だらけの文面にもなりました。

そんな異形の記事ではありますが、少しでも多くの方にお楽しみいただければ幸い至極でございます。

しかし、このヘッドホンはほんとうに素晴らしいですよ。
硬すぎず柔らかすぎない絶妙な装着感、深くまろやかで、しかし粒の立った音質。

いろいろといい体験をさせていただきました。
有難うございます!


笑顔が似合う 楽しくなる 理由もなく胸ドキドキ ~ HAVERSACK

空と海のハーモニーを体中に感じます。
夏ですね。

梅雨明けは当面先のはずですが、あと一週間は雨が降らないかもとの予報も出ていて、まだ6月なのにせっかちなことです。

夏服気分も加速するばかり。
ハバーサックから、今すぐにでも着たい半袖の開襟シャツが色や素材違いで入荷していますよ。

シアサッカー状のストライプが見た目以上に涼しいサックスブルー基調のストライプと

ポップなドット。こちらは二色展開です。

すべて型は共通しており、大きめの胸ポケットや

背面の交差したヨーク(クロスヨーク)など、細かなディテールが往時のミリタリーウェアを偲ばせ、清涼感だけでなくブランド独自の匂いを醸しだしています。

それぞれの生地もなかなか面白いものです。

ストライプは一部がポコポコしたシアサッカーとなっており、肌に触れる面積が少ないため、さらりとした着心地となっています。

ドットはごく細かなストライプが織り込まれた上に打ち込まれています。
このストライプも凹凸を伴っており、肌離れに優れているのは見逃せません。

裏を見れば、ひとつひとつのドット柄がプリントではないことがお判りになると思います。

このピンクのみ、女性でも自然に着られるSサイズをご用意しました。

どれも今から夏をともに過ごすのに最高の相棒となることは間違いありません。
どうぞお好みのものをお選びください。

オンラインストアはこちらです→
ストライプ
ドット ブルー/ ピンク


バナナの涙 ~ EEL Products/ バナナシャツ

朝までの雨は途切れ、くっきり晴れてきました。
これから数日は夏本番を先取りしたような天気が続くそうで、溜まった洗濯物が一気に片付きそうでほっとしております。

さて、どうしても雨が続くと肌寒くなり、自然と夏物の動きが鈍くなって長袖をご覧になる方が増えるもの。
また改めて涼しげなシャツのことも思い出してみませんか。


熱帯のジャングル探検隊を彷彿させるデザインを、素材やサイジングなどをアレンジすることでEEL Products流に夏の街着へと再構築したバナナシャツ。

基本的には開襟ですが、

留めてもまた表情を変えて楽しめそうです。

薄手で柔らかいテンセル×ポリエステル生地はさらりとした肌触りで、蒸し暑い時期にもべたべたしません。

たっぷりとした身頃とゆとりある五分丈袖は風通しよく、先述の生地の特性もあって快適に身に纏えることでしょう。

もはや亜熱帯と言っても差し支えない日本の夏に。

オンラインストアはこちらです→ イエロー/ グレーオリーブ


ボヘミアン・ラプソディ ~ BRAASI INDUSTRY/ GEORGINA

プラハに建築事務所TVŮRČÍ JEDNOTKAを構える若き建築家夫妻Šimon BrabecとEliška Slámováは、自転車愛好家でもありました。

2013年、彼らは趣味として自身や友人たちのために自転車用バックパックを作り始めます。
そのブランドはŠimonのフルネームのアナグラムを基に、BRAASI INDUSTRY(ブラアシィ・インダストリー)と名付けられました。

建築家ならではの視点が活かされた独自構造のバッグは評判を呼び、今は趣味の範囲を超え、自転車用に限らず様々な形でユニークなバッグを発表し続けています。

しかし彼らはビジネスの必要以上の拡大は望んでいないようで、デザインはもちろん、製造もプラハの事務所にて数人で行う規模を維持しています。

なお、その素材もほぼチェコ国内にて手配したものを用いています(ただし、例外としてプラパーツやファスナーはその品質の高さゆえにYKK製を採用しています)。

スタッフの子供たちが現場で遊んでいるような、風通しのよいアットホームな環境のようですね。

さて、そんなBRAASIのラインナップの中から、今回当店に登場するのはトートバッグGEORGINA。

薄く軽量なパラシュートクロスに強靭なポリアミド(ナイロン)の裏地をあてた本体を

ポリアミドのウェビングテープが籠状に囲む、

そんな一風変わったデザインです。

ウェビングテープは基本的に本体と分離しており、両脇で一か所ずつのみ接合されています。

そのため、本体の柔らかさがそのまま活かされているだけでなく、この籠状テープ自体を外ポケットとして活用することも可能となっています。

内部にも2つのポケットが設けられており、印象以上に収容能力に優れたバッグと言えます。

日常使いからちょっとしたレジャーまで対応可能なサイズ感と、その軽さ(物理的にも視覚的にも)は、特に服装が最小限となるこの時期には嬉しいところ。
もちろんこの時期に限らず、冬の重い装いにもしっかり適応してくれます。

余談ですが、建築家と言えば当店裏に事務所を構えている横河さんも、時計やペンなど幅広いデザインを行っています。
やはり構造を理解しているデザイナーさんというのは専門分野の範囲を超えた強さがありますね。

ともあれ、表面的なトリッキーさではなく、より根本的な部分の面白さが楽しめるバッグです。
是非一度実物をご覧ください。

オンラインストアはこちらです→ ブラック×ネオンオレンジ×ブラック/ ホワイト×ネオンイエロー×ブラック


僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る ~ CURLY/ PROSPECT EZ TROUSERS

改めて言うまでもなく、傾向として細いパンツに較べ太いパンツは穿いていて楽です。

とくに蒸し暑い時期は風通しや生地が肌に触れる面積の問題もあり、その差は大きくなるばかり。

しかしながら細いパンツならではの引き締まった印象は捨て難いものがあります。

であるならば、そうした互いのメリットを両立するこんなパンツを選ぶのも手ではないでしょうか。

そのすっきりしたデザインと気楽な着用感でファンを増やし続けるCURLYの新作PROSPECT EZ TROUSERSは、高密度に編み立てたジャージーで仕立てられた細身のイージーパンツです。

その生地の特性のみならず、腰回りや腿にゆとりがあるため、見た目の印象に対しリラックスした穿き心地となっています。

ジャージーといえど、細かいヘリンボーン柄にすることで、特有のスポーティーさが抑制されました。

薄手ながらもちっとした剛性感があり、伸縮性、通気性や吸水速乾性に優れている生地です。

腰のドローコートは内側で引く仕様で、紐が外から見えず、ぱっと見のイージーパンツ感があまりありません。

ボタンはこうしたカットソーパンツには珍しくナットを使用、ボタン周りなど負荷のかかる箇所にはしっかりとリップストップ素材で補強がかけられています。

細部に凝ったパンツではありますが、合わせるものはそれほど選ばず、布帛のシャツからTシャツまで対応します。

店頭でもご覧になる方が多く、また実際在庫も減ってきていますので、気になる方はどうぞお早めに。

オンラインストアはこちらです→ グレー/ チャコール